長崎県の漫画喫茶

漫画喫茶(まんがきっさ)とは、漫画を多数揃えた喫茶店。また、そこから発展した漫画の閲覧などの娯楽サービスを有料で提供する施設を言う。漫画図書館と呼ばれることもある。

通常の喫茶店が客の飲食や喫茶、待合わせの場を提供するのがメインであるのに対し、漫画喫茶は飲食や喫茶よりも漫画などの娯楽サービスを提供することがメインである。

一般に料金体系は時間制で、基本料金(1時間数百円)+延長料金を退店時に請求されるシステムになっている。

発祥の地は名古屋とされ、昭和50年代に最初のブームが起こった。中京圏は喫茶店の数が多く競争が激しいため、ある店がサービスの一環として始めたのが広まったものではないかとされている。

20世紀末から21世紀初頭にかけて、深夜営業を行う店舗も東京などの大都市を中心に増えている。 そういった店舗では、カプセルホテルより安価に利用できることから、簡易宿泊所として終電に間に合わなかった人が始発を待つ間の仮眠に利用するケースが出ている。

【市 部】
長崎市
佐世保市
島原市
諫早市
大村市
福江市

平戸市
松浦市
対馬市
壱岐市
西海市
雲仙市

南島原市

【西彼杵郡】
長与町
時津町

【東彼杵郡】
東彼杵町
川棚町
波佐見町
     
【北松浦郡】
小値賀町
江迎町
鹿町町
佐々町

【南松浦郡】
富江町
玉之浦町
三井楽町
岐宿町
奈留町
新上五島町
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。